リヴィエラ小町

アクセスカウンタ

zoom RSS 春物の靴

<<   作成日時 : 2005/03/24 17:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今度の日曜日はパスクァ(イースター)です。先日義母が「パスクァには新しい靴を履いてね」と娘にさくらんぼのついたかわいいピンク色の靴を買ってくれました。

今、娘の靴のサイズはイタリアの20(多分日本のサイズで12センチ?)で、そろそろきつくなってきそうなので、春にはひとつ大きなサイズの21を買おうと思っていたところでした。
しかし義母が買ってくれた靴のサイズは22。かわいくて私も気に入ったのですが、22では大きすぎる。このまま取っておいて、もう少し大きくはなったら履かせても良いかなと思ったのですが、義母はどうしてもパスクァに娘に履いてほしかったようなので、靴屋に取替えに行くことに。

義母が娘に洋服や靴などをプレゼントしてくれる時は、「もしサイズが合わなかったり、あなたが気に入らなかったりしたら交換してきなさいね」といつもレシートを取っておいてくれるのです。大抵義母の選んだものは私の趣味とあっているときが多いので、滅多に交換しにいくことはないのですが、今回はサイズが違うので早速お店に行きました。

サイズがなかったらどうしようかと心配しましたが、この靴は春物でお店に出たばかりのものなのでちゃんとありました。(ホッ) 一応、靴屋さんで娘の足に合わせてみたら、ちょうど良さそうなので無事に交換。

しかし、レシートを見たら、55ユーロ(約7,500円)。子供靴って本当に高いですね。イタリアの子供達は小さなうちから本革の靴をはいている子が多いのですが、日本はどうなのでしょう?義母も本革にこだわってコレを買ってくれたのだと思います。今、はいている靴は3足目でコレも革ですが、これは子供服のお店プレナタールで冬物のバーゲンが始まってすぐに30ユーロで私が買ったもの。期間は短いけど、減価償却するくらい履いたので満足してます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
春物の靴 リヴィエラ小町/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる