リヴィエラ小町

アクセスカウンタ

zoom RSS パーパのご逝去

<<   作成日時 : 2005/04/04 04:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

もう皆さんご存知のとおり、パーパ(イタリアではローマ法王様のことをこう呼びます)がご逝去されました。

イタリアではパーパが重篤な状態になられてから、ほとんどすべてのテレビ番組は特番になり、たくさんの人々が回復を祈っていましたが、とうとう2日の午後9時37分、パーパは天の父の元へお帰りになりました。

私達がこのニュースを聞いたのは午後10時頃、眠いからか、ぐずりだした娘を寝かしつけようとしていたときでした。親子3人でソファにくっついて座り、ニュースに耳を傾けていると、近所にあるいくつかの教会の鐘が一斉に鳴り始めました。眠そうにしていた娘もテレビでバチカンのサンピエトロ広場が映し出されている画面をみて「チャオ」と手を振って一回挨拶したのです。まるでわかっているかのように...

私は実際にパーパにお会いしたことはありませんが、イタリアでは時々テレビでもバチカンのミサが放映されるので、パーパのお姿は時々見ることができました。もうお顔を拝見できないのは本当に悲しく思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ローマ法王の死
&nbsp;▲ヨハネ・パウロ2世(本名カロル・ボイチワ)12歳の時の肖像&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp; ローマ法王ヨハネ・パウロ2世が没した。1920年にポーランド・クラクフ近郊で生まれ、ナチス・ドイツ占領下に“地下”神学校で学び、46年に司祭となる。さらにルブリン... ...続きを見る
オヤジライターが、もの申す!
2005/04/04 06:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
カトリック国スペインでも、危篤になってからずっと中継されてたよ。高齢と病気で、ここ数年しんどそうだったから、気の毒に思ってたの。これからは天国で安らかに、私達を見守ってくれるね。
mamasita
2005/04/05 01:48
やはりスペインもイタリアと同じように中継されていたのね。mamasitaの言うように、これからは天から私達を見守ってくださることと思います。
Yukako
2005/04/05 02:31
先日、掲示板におじゃましたlinaです。
パーパのご逝去、本当に心にずっしりとこたえました。
「人生はその誕生から、神に召される瞬間まで、威厳に満ちている」の言葉通り、最期まで法王として、また人間として生きた姿は、生き続けることへの勇気と信頼を与えてくれたような気がしています。
2年前、私の祖父が亡くなった時、こどもたちが「これでジジはいつでもここへ来れるね」と言ったのを思い出しました。
人々の心の中に、そして故郷クラクフへもいつでも帰れることでしょう。



lina
2005/04/05 22:47
linaさん、こんにちは。
パーパの具合がよくなかったことは知っていましたが、聖週間が始まった頃、お姿を見たばかりだったのに...。
本当にパーパが私達にお与えくださったものは、はかりしれないと思います。
linaさんのお子様たちのお話、ジーンときますね。きっと、おじいさまも曾孫さん達をいつも見守ってくださっていることでしょう。
Yukako
2005/04/06 05:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
パーパのご逝去 リヴィエラ小町/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる