リヴィエラ小町

アクセスカウンタ

zoom RSS イタリア流?トイレトレーニング

<<   作成日時 : 2006/06/26 06:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

3月の終わりごろから本格的に始めた、リカちゃんのトイレトレーニング、私が日本に帰ったり、彼女が病気になったりしたことで、3回ほどオムツに逆戻りしたこともありましたが、なんとか頑張ってやっています。

今日はイタリアのトイレ事情について書きましょう。(汚い話になるかもしれないので、嫌いな方はこの先、読まないでね)

トイレトレーニングを始めて、便器でしっかりウンチができるようになった頃、パパがこう言いました。

「もう立派なシニョリーナ(お嬢さん)なんだから、キチンとお尻を洗わないとね!」

イタリアに限ったことではないですが、ヨーロッパの国々では、トイレに入ると便器の横にビデがあります。
こんな形↓をしています。
画像

こちらの皆さんは、大きなほうの用を足したあと、このビデでお尻を洗う習慣があるのです。それ以外にも、女性の方々が膣の洗浄をするときにも使われます。

使い方は、蛇口のほうに向かって跨いで座り、適度な温度のお湯を出し、手で局部を洗います。
もちろん、イタリアにはそれ専用のソープもあって、お尻用、女性用、といろんな種類が売られています。
画像

ちなみにこれは我が家で使っているソープ。左はカモミールエッセンス入りでお尻用。右はママさん専用のソープで、この間、産婦人科の検診に行ったときに、サンプルのお土産セットをいただき、その中に入っていたもの。これは私が産後に使おうと思っています。

日本人の私には、こういうビデは馴染みがなく、初めのうちは使うのに抵抗がありましたが、一人目の子を妊娠した頃から、もう欠かせない存在となりました。
特に活躍してくれたのは、産後の悪露のケアをした時。一日に何度もビデのお世話になりましたっけ。

そういうわけで、リカちゃんがウンチをした後は、毎回ビデに座らせることに。
ご本人の反応は...

「リカちゃん、ビデ好き〜!きもちいい〜!」

だそうです。

便器に座るまでは嫌がっても、ビデは自ら喜んで座りたがるんですよ。かなりお気に入りみたい。
いまのところ、彼女のトイレトレーニング、ウンチは完璧。でも、おしっこはまだお漏らしするときがあるので、まだまだ頑張らなくてはね。


ビデすき〜、クリックするのも好き〜!
<left>




E【新品 税込】2949 くまのプーさんトイレトレーニングセットE【新品 税込】2949 くまのプーさんトイレトレーニングセット



</left>

Go!Go!トイレトレーニング―スムーズにおむつとサヨナラしようね!
Go!Go!トイレトレーニング―スムーズにおむつとサヨナラしようね! (主婦の友生活シリーズ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
さすが!もうビデを使わせるんですね。
うちのトイレにウォシュレットが付いてるんですが娘にまだ使わせた事がありません。一度使わせてみようかしら?
専用ソープもあるなんてすごい!
質問なんですが、ビデって女性用のイメージだったけど男性も「大」の後にビデを使うんですか?
国によってトイレのしつけも違うんですね。興味深いです。
potepote
2006/06/26 14:38
そんなものがあるんだ〜と、驚きです。
リカちゃんも、トイトレ進んでますね〜♪
potepoteさんに同じく、国によってトイレのしつけも違うなんて興味深いです。
ウチの息子は、ウォシュレットで遊んで、水浸しになりました。。。
どこがどうなってそんなことになったのかは、未だに不明です(泣)
かおちん
2006/06/26 14:44
★potepoteさん
ぶぅちゃんもウォシュレット気に入ってくれるかもしれませんね。私はまだおしり拭きで十分かと思っていたんだけど、パパは小さいうちからビデを習慣づけたかったみたいです。まぁ、娘本人が気に入ってるのでいいですけどね。歯磨きもこのくらい好きになってくれれば嬉しいんだけど...
ご質問の件、こちらでは男性もお尻洗浄のためにビデ使ってます。ちなみに外出用に大人用のおしり拭きなんかも売ってるんですよ(^_^;

★かおちんさん
トイレの習慣、日本とヨーロッパはかなり違うから、やっぱり驚きますよねー。
ウォシュレット、ボタンがたくさんついているから、押すのがおもしろかったのかな?水浸しは大変でしたね。
Yukako
2006/06/26 17:00
ウチのビデは座りごこちが悪いので、悪露のケアは便器(洗浄液を入れた容器を使って)かシャワーでやっているわ。ウォッシュレットがあればいいのになーぁ。
mamasita
2006/06/26 18:43
あ、ありがとうございます!
イタリア人と結婚して11年、聞いてもだーれも教えてくれなかったビデの使い方、やっと解明です〜(号泣)!
なんとうちのパパは、これが嫌いなんだそうで…。
パパの実家にいくと、私も使ってましたが、なんと反対向いてました(トイレと同じ方向に)。きゃあああああ!
どうりで、蛇口を回しにくいはずだ。
一度使うと手放せない気持ちわかります。
我が家にも導入したいのですが、フランスやドイツではイタリアほどは普及してないみたい(ふるーい家のみ)。
バスルーム改装のあかつきには、イタリアから持ってくるしかない?!

2006/06/26 21:57
りかちゃんあと少しでトイレで完璧できそうですね。ビデ用にトイレスペースを大きくとってないとですね。変な話ですが直接手で洗うのですよね?^^;
ぶらっとネット
2006/06/26 22:19
わあああそうなんだー、ビデって海外旅行などでたまーに見かけるんですが、「これどーやって使うの???」ってサッパリわからなくてとてもナゾだったんですよ、20年来の疑問がこれで解けました。とっても爽快な気分です。Yukakoさんありがとー!!
シーラカンス
2006/06/26 23:39
実は。。。オットはトイレもデザインしております。。
今年のミラノサローネにも出ておりました。

トイレの話はうちでもよくやっていますよ。
日本以外でもウォシュレットを普及させたいと思っているみたいです。みんな「アメージング!!」ってビックリだったようです。

うちも最近「チーでた!!」とトイレに走ります(^_^;)でも、座ってティッシュを流したいだけみたい。。オムツはずれるのは、もーちょっと先でいいんだけどね〜
ひつぴ
2006/06/27 00:46
★mamasita
こっちの病院の入院の際の持ち物の中には、洗面器(ビデ用に使うため)も入っていたよ。でも洗面器みたいので洗うのって大変じゃない?

★麻さん
ビデネタは前から書こう書こうと思ってたんだけど、なんかちょっと書きづらくて、今回ちょうどトイレトレで登場したのでやっと書けました〜
使い方、私も初めはトイレと同じ方向かと思ってましたよ。フランスやドイツはビデが少ないんですね。うちのパパも言ってたけど、やっぱりビデ愛用者はイタリアが圧倒的なのかな?ちなみに友人の中には、ビデなしの国には海外旅行ができないって人もいます。

★ぶらっとネットさん
トイレトレはいいところまではいってるんですけど、まだ外出時がダメなんですよ。お外だと神経質になってできないの。あと、ちょっとキツく叱ったりするともらしちゃうんですよね。完了までの道のりはまだ長いかも。
こっちのバスルームは、バスタブがないトイレにはビデがついてます。
そして、直接手で洗うんですよ〜。
Yukako
2006/06/27 00:57
★シーラカンスさん
これ、見ただけじゃ、絶対に使い方なんてわかんないですよねー!
日本人の観光客さんはイタリアにくると、とんでもない使い方されてる人もおられるようで...
洗濯したりとか、飲み物を冷やしたりとか...。まさかシーラカンスさん、やってないよね(^_^;

★ひつぴさん
ご主人様はトイレのデザインもされてるんですね。ウォシュレットこっちで普及してくれたら、私は嬉しいけどな〜
うちのパパも日本滞在時に経験して喜んでましたっけ。
みっちちゃんもそろそろトレーニング開始かな?トイレトレって本当に根気がいるけど、お互いに頑張りましょうね。
Yukako
2006/06/27 00:58
ビデいいなー。
私は日本でずっとウォシュレットを使っていたので、初めてアメリカに来た時何かキレイになってない気がして落ち着きませんでした(笑)。それから産後!私はひどい裂傷でトイレの後はその都度シャワーで洗浄してたんだけど、うまくできず2度3度と感染症を繰り返しました(涙)。あの時すっごいビデが欲しかったー。
ruri
2006/06/29 06:59
★ruriちゃん
ずっと習慣になっていることができなくなるとつらいよね。私も産後の裂傷がすごくひどかったの。だから余計にこのビデのありがたさがわかったよ。
Yukako
2006/06/29 16:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
イタリア流?トイレトレーニング リヴィエラ小町/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる