リヴィエラ小町

アクセスカウンタ

zoom RSS さやいんげんと赤いプルーン

<<   作成日時 : 2006/06/23 00:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

画像本日の義父母からのお届けモノは、

じゃん!

大量の
さやいんげん


キッチンの流し台の中にいっぱい。

袋の中にどっさりと、さやいんげんが入っているのを見た瞬間。
「うわっ!めんどくさー!」と、思ってしまいましたが、よーくよーく中味を見ると、

下処理済み。

WOW!ちゃんと、さやいんげんの両端が切ってあったよ!
お義母サマったら、気が利くわ!(^・^)Chu♪ 

このさやいんげん、我が家ではお肉のつけ合わせなどに、じゃがいもやズッキーニと一緒に塩で茹でて、オリーブオイルと、少量のワインビネガーであえて食べたりしてるんですが、とてもおいしいんです。
画像

もちろん、義父が丹精込めて育てたものなんですが、形は普通のさやいんげんよりも、平べったく、中にはこんな柄がついているものもあるんですよ。

今夜は町のお祭りで、友達と集まって一緒に食べる予定なので、夕飯の支度をしなくて済むわ〜☆と喜んでいたワタシでしたが、結局、午前中はこのインゲンを茹でる作業で忙しくなってしまいました。
画像

なんてったって、大きな鍋3個分でしたから。
冷凍用に固めに茹でて小分けしましたよ。茹でたら大分かさが減りましたけど、5食分にはなりました。


そして、さやいんげんと一緒に赤いプルーンももらいました。
ちなみに、このプルーンは義父の畑でとれたものではなく、ご近所さんのお宅でとれたものだそうです。彼らはご近所同士で、自分の家にない野菜やフルーツを物々交換してますので。
画像

リカちゃんは、プルーンを見ては食べたがるんですが、一回かじっては「いらない!」と言って、また別のプルーンに手を出すので、皮をむいて小さく切って食べさせました。本当は皮に栄養があるんだけどねぇ。


クリック本日もよろしくお願いいたしますデス。
◆◇◆人気blogランキング◆◇◆
<left>

</left>


ステビア栽培 ポキッと新鮮 さやいんげんステビア栽培 ポキッと新鮮 さやいんげん



育てよう!食べよう!野菜づくりの本〈2〉豆―大豆・落花生・さやいんげん
育てよう!食べよう!野菜づくりの本〈2〉豆―大豆・落花生・さやいんげん

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
豆系って、下処理が面倒なんですよね〜。こんなに大量にしかも下処理済みなんて、すばらしいお義母さま。Yukakoさんが愛されてるのがよくわかります。
あゆ
2006/06/23 00:58
同じいんげんでも、このいんげんはとてもおいしそう!色もいいですね。お肉の付けあわせにとても合いそうです。
しかし本当にいつも大量ないただきものですね。
スー
2006/06/23 14:00
★あゆさん
そーなんですよ。豆は面倒で。しかも大量となると余計にね。
どうせなら茹であがったものをくれても良かったんだけど。。。ってずうずうしすぎ?

★スーさん
お肉にバッチグーです。柔らかく煮て食べるとおいしいです。
大量は嬉しいんですけど、こういう下処理に手がかかったりするものは、時にはありがた迷惑なこともあるんですよね。でも摘まないと畑のほうも困るから仕方ないんですけど。
Yukako
2006/06/23 14:39
すごいっ!本当に大量ですね!でも美味しそう〜。yukakoさんのお義父様は色々な果物や野菜を作ってるんですねー。すごーく羨ましいです。
aki
2006/06/23 21:06
なんか美味しそうな作物を見ていると、こーゆーのを本当に「豊かな生活」と言うんではないかしら、っていう気になりますねえ。
シーラカンス
2006/06/23 22:28
ちゃんと処理をして下さるなんて
きっと今のYUKAKOさんの体調を
考えてくださっているのかも!
赤いプルーんもいいですね〜
こういう自家製の野菜を食べる、味わう
ルーマニアでもまだまだ普通の家でも
多いことです イタリアだと町の人は
なかなかできないこと、こういう生活は
残していきたいですね。

★あのルーマニアケーキ、ゼリーというか
超着色の偽チェリー?ん?チェリー??
というホント あんなもの食べられる!?
という感じです、、
go2rumania
URL
2006/06/23 22:47
★akiさん
とれたての野菜や果物は本当においしいですよ。いつかこの時期に遊びにいらして!
義父さんは、畑仕事が好きなんですよね。私がイタリアに住み始めた頃はまだ仕事してたから、そうでもなかったけど、年金生活に入ってからは畑の作物の種類が増えました。この間、日本の野菜の種もあげて、頼んで育ててもらってるんだけど、こちらも頑張ってほしいとこです。

★シーラカンスさん
決してお金持ちじゃないけど、生活は豊かかなーと思いますね。まぁ、年金生活だからって気もしますけど。働いていると時間的にも余裕ないですしね。

★go2rumaniaさん
そーなんですよ。お腹が大きいから、やってくれたみたい。
ルーマニアの方々も自分達のためにお野菜作られる方たち多いんですね。そういう環境っていいなと私も思います。

あの、赤いチェリー(?)どのケーキの上にも乗っかってましたね。 なんか、今後あーいうケーキを見たら、ルーマニアを思い出してしまいそうです(笑)
Yukako
2006/06/24 00:35
下処理されてるのは、嬉しいですね〜。
私はインゲンが苦手だったのですが、イタリア流に、「ちょっとクタっとなるまでジャガイモと煮て、オリーブオイルとビネガー」は大好きになりました。

URL
2006/06/25 06:25
★麻さん
私はイタリアに住み始めた頃、なんでイタリア人達はインゲンをこんなにクタクタに煮てしまうんだ〜!と思ったことがあるんですが、私も麻さん同様、最近ではこの柔らかく煮たインゲンが大好きになってきました。ジャガイモと一緒に食べるとおいしいですよね。
Yukako
2006/06/26 04:45
ホント、下処理してくれるなんて優しいお義母さまですね。柄つきなのも面白い!
プルーンもすっごくきれいな色でおいしそう!
お金ではない贅沢な暮らしってかんじですね。
potepote
2006/06/26 13:05
★potepoteさん
柄つき、おもしろいでしょ。小さめのさやいんげんに柄がついているのが多いので、大きく育つと消えるのかもしれません。
プルーンは体にいいですからね。生だと乾燥モノよりは、栄養が少なそうだけど、でも毎日たくさん食べてます(^_^)
Yukako
2006/06/26 16:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
さやいんげんと赤いプルーン リヴィエラ小町/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる