リヴィエラ小町

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本のきゅうり

<<   作成日時 : 2007/07/21 00:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

形はいびつですが...
画像

日本のきゅうり4本! 収穫しました〜

実はね、ちゃんと育つとは思っていなかったんですよ。
なので喜びは、ひとしお

それと言うのも、今年種をまいたこのきゅうりの種は
3年前にも使ったものの残りモノ
つまり、種の賞味期限(っていうの?)を
とっくに過ぎたものだったからです。
よく捨てないでとっておいたねって感じですが。

この種、3年前にまいた時は大豊作で、
私もパパもお肌が緑色になっちゃいそうなほど、
毎日きゅうり三昧できましたの。

そんなきゅうり、昨年も一昨年もお休みしてましたが、
また食べたくなってしまったので、
今年、古い種でも育つかどうか試してみたのです。

なにせ、イタリアで売られているきゅうりは、
それはそれは、まずいのヨ!
きゅうり好きなカッパ様だって拒否しそうなくらい
美味しくないきゅうりなんだからっ

どんなきゅうりかと言いますと、
「きゅうり」というよりは、ただの「うり」と呼んだほうが良さそな感じ。

日本のようなきれいな緑色の細長いきゅうりではなくて、
こっちのは、濃い深緑色で、太くて、皮が分厚いんです。
だから、私は自分で買うことはほとんどないのだけど、
たま〜にご近所さんからいただいた時だけ食べてます。

イタリアのきゅうり、私は皮付きのまま食べるのが苦手なので、
皮をそいで食べることが多いのですが、
中もたくさん種が入っていて、ジュルっとした部分が多く、
ぜんぜんシャキシャキ感がない。味も微妙に苦味を感じます。


今回久々に日本のきゅうりを食べましたが、
ほんっとにおいしいわ〜
画像

とれたてだからってのもあるかもしれないけど、
こっちで売られているきゅうりには、
こんなにトゲトゲがついているのは見たことないもんね。

今年のリヴィエラの夏は、いまいち暑さに欠けていて、
トマトもなかなか赤く色づかないんだけど、
このきゅうり、もっと育ってくれるといいんだけどなぁ。



ワンクリックどうぞよろしくお願いします♪
◆◇◆人気blogランキング◆◇◆





トマトときゅうりの本―蘇先生の家庭薬膳 冷え・抗がん・抗老・美容・ダイエットに!
トマトときゅうりの本―蘇先生の家庭薬膳 冷え・抗がん・抗老・美容・ダイエットに!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
そうそう、イタリアのきゅうりは皮を剥かないとだから、なんかあの皮の歯ごたえがないし、種がでかくってすっぱかったりするので、嫌いずらーーー!
そうか、日本のきゅうりも栽培したらいいのねぇ♪
gellius
2007/07/21 02:20
そうなんだよねぇ!イタリアのキュウリはまさしく「うり」!皮もかたいし、味も「大味」だよねぇ。あれは河童さまも食べない代物ですわ!あんまり買う気にならないイタリアのキュウリ、私も剥いて食べます。でもgelliusさんと同感。種もでかいしね、水っぽい。シャキシャキ感なんてゼロだよねぇ。

日本のキュウリ、美味しそうだね〜〜☆
古い種でも育ってよかった、よかった!
来年もたくさん育てて売ったらどうですか?
買いに行きますよ、あちき。家でとれた作物を売るのは違法じゃないらしいですよ、申告もいらないそうです。うちの近所のフィナンツァのおじさん談です。
きっこ
2007/07/21 14:47
★gelliusさん
イタリアのきゅうりを皮ごと食べるのはつらいよねぇ。
きゅうりね、こんなにすごい勢いで育つとは思ってなかったのよ。鉢植え栽培でも大丈夫なんじゃないかなー。

★きっこさん
イタリアのきゅうりの種は本当にでかいよね。私は種の部分も切り取って捨ててしまうことも多いよ。
家でとれた作物って売ってもOKなんだ〜。そういえば、時々道路を走ってるといるわよね。野菜売ってる人(^u^)
Yukako
2007/07/21 15:39
うわぁ〜!新鮮!美味しそうなキュウリ!イギリスのもね、なんか大味なんですよ。皮は普通な感じですが中身が水っぽい。日本のキュウリとは別モノですよ。全く。

リヴィエラ、暑さに欠けるのですか?イギリスには夏が来てません。きっとこのまま夏にならずに冬になることでしょう。がっかり。因みに寮では今でも暖房が朝晩自動的に入ります。ここは南半球?
pinoco
2007/07/24 00:26
★pinocoちゃん
キュウリも土地が変わると違うもんだね。
本当にこっちのキュウリも日本のものとは別物。
こちらは、ここ数日は夏っぽい暑い日になってきましたよ。そちらは今でも暖房なの?それはツライねぇ。ピラティスして体を温めてねん。
Yukako
2007/07/24 16:15
あー、こちらではきゅうりの皮をむくのって、皮が厚くて食べにくい(消化しにくい)からなんですね〜。そういえば、そんな感じですね。日本ではあまりきゅうりの皮をむかないので、面倒くさいな〜と思ってたのですが。そういえば、日本とイタリアでは、皮をむくか、皮も食べるかということで、時々反対なことがありますよね〜。例えば、マスカットや巨峰(正確には、こちらのは巨峰ではないと思いますが)は、日本では皮をむいて食べる人が多いような気がしますが、こちらの人はそのまま、しかも種まで食べるように見受けられます。たしかに、こちらのブドウは、皮から中身をプルッと押し出すのが難しいというか無理ですよね。だから、面倒でそのまま食べてしまうのかしら?わたしは、ブドウの種を食べると盲腸になる…ってどこかで聞いたことがありますが。
Jacqueline
URL
2007/07/26 18:55
★Jacquelineさん
こっちの人はぶどうは皮も種も食べますねぇ。ぶどうは種類にもよるけど、皮が中身としっかりくっついているのが多いからね。私は皮だけなら剥かないでも食べられるんだけど、種はどうも食べられません。硬いっての。
ぶどうの種が盲腸っていうのは初耳です。
Yukako
2007/07/26 22:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本のきゅうり リヴィエラ小町/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる